えーっと、なんだっけ。あ、「福岡、出張足つぼ「あしたのあし」の山口足太郎です。」だ。どうもどうも。福岡、出張足つぼ「あしたのあし」の山口足太郎です(リピート)。

ちょっと今日の今日でアレなんですが、俺の大好きな社会学者(で、いいのかな?)のパオロ・マッツァリーノ氏のブログにいいこと書いてあったんで、ご紹介しつつ良いように解釈していきます。

反社会学講座ブログ:丁寧な説明には価値がない
http://pmazzarino.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

要するに「冗長な説明ではなくわかりやすい説明をしろ」ってことですね。「丁寧」という言葉で誠意を感じさせてるんじゃねーよ、と。

そう言えば昔はケータイの説明書ってくっそぶ厚かったですよね。だもんで一緒に「クイックスタートガイド」とかも入ってて、それでもそこそこ読むの面倒くさかった気がします。懐かしいなー。ところで最近のスマホはパッケージがコンパクトでいいですよね。ほとんど本体くらいしか入ってないですもんね。善き哉善き哉。

ですので、足もみの効果についても「丁寧に、順を追った」説明はいらないと判断しました。適宜、例えなど使って簡単に説明していくことにします。

しかしパオロ氏のブログは面白いです。ブログだけでなく、発表されている書籍もおしなべて面白い。私は大体新書のやつ(つっこみ力「昔はよかった」病など)を読んでます。リテラシーが鍛えられる(って言い方で良いのか)感じがしてオススメですよ。情報収集をテレビと新聞と井戸端会議だけで済ませてる時代じゃないですからね。正確に情報を読み取る・利用する心構えをしておきましょう。

 

グッズストア(SUZURI)



クリックするとお買い物にいけます

ボランティア活動



お問合わせはコチラまで