まーた思想の話。

こないだ友人の足を揉みに行ったんですが、すごく久しぶりにも関わらず、変わらず接してもらって。

こっちは「色々不義理を働いてるよなー」などという思いがあったので、所謂「疎遠スパイラル」に嵌っていたのですが、そんなんじゃいかんなと思い立って「とにかく足を揉まれたいって言ってるんだから、関係がどうあれ足は揉まなきゃな」と、いたって当然の結論に帰着し、とにかく行こう、と。そしたらこっちが不抜けるくらいなにも変わらず接してもらって。ありがたいなーと思った次第。

そしたら、また次の縁にも少しつながって、いい感じに心の平安が保たれている本日なわけです。

具体的なこと何も書けないのでアレなんですが、きっとここ読みに来る人は「おー、なんかわからんけどちゃんと書いてるね」という確認で訪れてくれている人がほとんどだと思うので、これでいいということにします。いつもありがとうございます。

本人はダラダラしたなまけものなんですが、人には恵まれている方だと思います。将来の不安以外のストレスは全く無いですし。前のお店(療術院)、もめて飛び出してきてるクセにこういうことを言っている自分はなんとも「都合の良いことしか見ない」人間、まるで「いくつもの占いをハシゴする婚活OL」のようであるなぁと、それでもまあ、いい生き方だよなと、自己肯定して終わり。ついでに「いくつもの占いをハシゴする婚活OL」までも肯定して、心のなかで勝手に「頑張れ!」と応援している所存であります。

ところで、近況としては

これ、読みました。なんだろう、「あー、これは売れるね」って感じでとてもおもしろかったです。

普段読書をしないもので、他の何と形容や比較ができないのですが、逆に普段からインターネットの文字ばかり読んでいる私にはとても読みやすく、スルスルっと読了してしまいました。SNSが社会となってしまった今、もしかしたらこれこそ現代の「戯曲」なのかもしれませんね。無料公開の期限がありますので、ゼヒお早めに読んでみて下さい。

 

グッズストア(SUZURI)



クリックするとお買い物にいけます

ボランティア活動



お問合わせはコチラまで