3/25(金)に開催された「サステナフリーマーケット@IKEA新宮」のお話。

フリマ運営はベアキッズさん。
毎月末にはフリーマーケット、10日前後には「サステナアサイチ」なんかも開催されております。
急な出店にも関わらず、快くOKしていただいてホントありがたかったです。

当日は10:00からの開場で、出店者は9:00くらいに集合→手続き→のんびり準備って流れでして、「んじゃー7:20くらいに家出ればいいべ」ってテキトーに出発時間決めたらドンピシャで会場入り出来た。俺ちゃんの時間読みの正確さよ。(その後モニターさんとこには遅れて行ったりしてるので、反省)

手続きを済ませて設営。
blog20160413_1
スペースいっぱいに使って、ゆとりのあるレイアウト。(寂しいともいうね)

屋根付きの場所でやるのかなーと思ってたので、元々はタープテントを張るつもりなかったんですが、「はい、ここにどうぞ」と言われた箇所に屋根はありませんで。なので急遽テント立てました。持ってて良かった~。
しかし、持ってたのはいいんだけど、張ったことなかったのでてんやわんやしてたら、お隣の石屋さん(写真のカラフルなクロス敷いてるテーブルの方)が手伝ってくれて、事なきを得ました。ほんとお世話になったのに、こっちから一方的に名刺渡しただけで連絡先を頂いてないという、、。次あったら足揉むんだー(楽天的)

んで、看板はこんな感じ。
blog20160412
昨日のブログにも載っけちゃったけど。イーゼルにA3のパネルを立てただけのものです。お友達に描いてもらったメニュー表もこんな感じでぶら下げときました。(おかげで屋号が見えないという)

一生懸命つくった折りたたみ棚も設置。
blog20160413_3
置くものあんまないから寂しく見えるのかな?
他の出店者のブースとか、やっぱり「商品を売る」のを目標にしてるからモノがたっくさんあってちょっと羨ましかったです。

で、棚が目隠しになるような位置に、足もみ用の椅子を設置。
blog20160413_4
雑誌とか問診票とかとっちらかってますが、ご愛嬌ということで。
肘掛けの付いてる方の椅子にかけてもらって、中央の台に片足ずつあげてもらって揉むわけです。この椅子、一般的な折りたたみ椅子より強く、なんと耐荷重100kgなんですよー(一般的なのは耐荷重80kg)自慢の椅子なので、是非皆さんにも座っていただきたい所。

そんなこんなで準備万端。
のんびりとお客さんを待っておりました。
blog20160413_5
blog20160413_6
うーん、とっても良い雰囲気。

午前中から結構お客さんもいらっしゃってて、売れてる所は賑わっていました。うちは、まぁ、ほら、アレなんで。
午後から、疲れが見えてきた感じの人がちょろっと来てくれれば良いねー、くらいの感覚でおりました。

待ってる間は自分の足揉んだり、漢字の練習(臓器の名称とか)したり、本読んだりしながら、まーのほほんとしておりました。

しっかしまー、お客さんの食いつきは悪いほうだと思いますw
そもそも看板に「痛い」って書いてあるトコなんかもうwww
看板見るや眉をひそめて逃げるように移動する方もいらっしゃいました。
それに、テント内にはぬぼーっとしたおじさんが一人いるわけで。これは何されるかわかんねーぞ、と。そりゃあそうだわなぁ。
この辺はもうちょっとどうにかならんかと考えているところです。

ところが、こんなおじさんにも興味を持ってくれる人はいるもので。
まずはお子さんを2人も連れたママさんが「ちょっと試しに」と、診断を受けてくれました。(その後Facebookでお友達になってもらって嬉しかったです)
足の状態は「そんなに悪くないけど疲れが外に出せない感じ」の足だったと思います。足うら診断シートを書いて、足裏(反射区的には内臓全般)を充分にほぐしました。
その後娘さん(チョーかわいいのコレ)の足も触らせてもらって、簡単な診断をし、自宅でもできる足もみについてちょろっとアドバイスしたりしました。
子供の足はまだ柔らかいので、かるーくでも毎日揉んであげれば、それなりに効果は出ます。
娘ちゃんの足もお母さんの足と同じ「疲れを外に出せない」雰囲気の足でした。お母さん頑張って!w
(このやり取りの間、ベビーカーにのったちんまい赤ん坊はずっとスヤスヤ寝ておりました。大物感ある。)

二人目のお客さんはハツラツな感じのおねーさまでございました。
やはりこの方も排泄系が弱く、あと関節痛と肩こりから来る目の疲れなんかが気になるところでした。
こちらは診断のみだったので、診断シート書いてセルフケアのアドバイスをさせていただきました。

そして三人目のお客さまは、すごく人の良さそうなおじちゃん。
俺、おじちゃんの足って好きなんですよね。人生の深みを感じられるというかなんというか。年齢を重ねると、ケアされてない足って大体2層構造になっていると考えています。俺が思うに、これは「対外的な自分」と「本質的な自分」の積み重ねによるものと思っていて、この2層が年々クッキリ分かれていくと言った感じです。
このおじちゃんの足もまさしくそんな感じで、表面はわりと柔らかい足をしてるんですが、中身をほじくると少しクセのある足でした。おそらく、結構な気苦労もされてきた方なのかなーなんて推察してみたり。
まずは足裏をしっかりとほぐした後、お時間あるようだったので、この日初めてのふくらはぎ揉みまでやらせていただきました。固い足ではなかったので、もしかしたらあまり施術後の足の軽さを実感されなかったかもしれないんですが、ちゃんと痛がる場所もあり(ほぐれている証拠)、こちらとしては充実した足もみが出来たので良かったです。

そんなこんなで終了の時刻となり、ゆるゆると片付けて、初めてのフリマ出店は幕を閉じました。
人を寄せ付けないオーラを(無意識に)ビンビンに出しているブースにもかかわらず、足を揉ませてくれた方々には本当に感謝しかありません。
個人的には「一人くらいいればいいなぁ」と思っていたので、この日の成果で言えば大成功でした。

そして、この記事書きながら「どんな足だったっけ」とか「あーあんな足で確かあの箇所が固くて」とか考えていると、「もう一回あの足揉みたい!」って気持ちがものすごく湧いてきているいうことに気付きました。もーホント、ほぐしたい。コレ読んでるみなさんも、是非足を俺に託してくれたらなぁと切実に思っているわけです。

てなわけで、今月22(金)にも、同様にサステナフリーマーケットさんのお世話になることにしました。
詳細決まり次第、告知記事書きますので是非お楽しみに、と。

◆今回のまとめ◆

・やはり一人での参加は多少不便(トイレとか・写真とってくれる人がいないとか)
・でも出来ないことはないので経験を重ねる
・チラシをもっと持っていってもらえるよう工夫する
・どんな施術をするのか、わかりやすくアピールする
・強風に負けない
・子供はかわいい

以上!